椎茸ホダ場見学から、お土産として持ち帰った椎茸

普段は何気なく食べていますが、これは会社の椎茸です。

所謂、業務中に手に入れた椎茸なわけです。

 

ただ食べてしまっては、あぁ、さぼって椎茸とってたんだなと思われかねないので、ココは何か足跡を残さなければ!と思ったしだいなのであります。

 

“椎茸の美味しい食べ方” で検索してみると、チーズ、マヨネーズ、みそ なんかを付けて焼くなんてのが多数ヒットします。

生椎茸に関しては焼くのが良さそうです。

 

そして、素材の持ち味を一番堪能できる食し方。

それは、やはり 塩焼き!!!

これに尽きるようです。

 

では、生椎茸の塩焼き方法

  1. 汚れを軽く落とす。
    盛大に水にじゃぶじゃぶ付けて洗うのはNGらしいです。 布巾なんかで軽く落とせばOKらしいです。
  2. 軸を切り取る。
    軸がついてると均一に焼けないから、切り取る。
  3. 傘面を下にして塩を適量振りかける。
    バーベキューや七輪のように下からの火で焼くのがベストっぽいようですが・・・
  4. 3~4分程度焼く(我が家はトースターで)
    途中、裏返したりしない。
  5. 椎茸のヒダが汗をかいてきたら焼き上がり。
    焼き上がったいい匂いがしてきます。
    ヒダに湧き出た水分は椎茸の旨味スープ。 裏返したりしたら台無し。

ヒダに汗をかいてきたら焼き上がりのサインなのです。



 

キノコは良く火を通さなと食当りをおこすってことで、水分が抜けきる位に これでもかと焼きを入れて、裏返して更に焼きを入れて・・・っとやってましたが、裏返しは御法度!

椎茸が汗をかいてきたら焼き上がったサインのようです。

 

どれどれ・・・・。

 

うっ、ウマい!!!

 

芳醇な香りと弾力のある噛みごたえ、そして溢れ出る椎茸汁。

(堂谷組)椎茸 旨すぎる!!

これは、焼き立てを食べてもらいたい。

焼きながら食べたら至高ですな。

The following two tabs change content below.

kikuchi

所属:建築部