社長宅の庭の枕木を撤去し、細砂を敷き込みました。





植え込みとの境は、奥様が用意したアンティーク調レンガ・ブロックを配置することになりました。





通路部は中央にインターロッキング、両サイドに枕木、枕木と枕木の間には再利用のインターロッキングを配し…っと、ここで枕木よりインターロッキングの幅が若干小さいことに気付きます。 困った…。

隙間はモルタル詰め案も出してみましたが、最終的には幅の合うインターロッキングを調達することとしました。


並行して、メインの乱石敷きの作業も準備を進めます。
インターロッキング敷きは、普段から施工する作業ですが、乱石は初体験です。
石を割りながら成形し、一定の目地幅で張り込むのだそうです。

また、並べ方にもコツがあり、十字目地、長く伸びた目地は避けた方が良いとのこと。


当初、取り寄せた乱石をランダムに敷き込む程度に考えていた為、難易度がかなり上がってしまいましたが、ここが見た目にも差が出るところ!
一定目地幅を目標に掲げました!!

次回からは、乱石施工に取り掛かります!






The following two tabs change content below.

kikuchi

所属:建築部