社長宅の庭作り。
乱石は7割り程度の割付を終え、全景が見えてきました。


っと、ここで奥様から新たな要望が。
「全体に大味な感じがする。」
「大きめの石が多いから、小さい石も欲しい。」
「四角い形状が多いと、硬いイメージのような…」
と言うことでした。

私達は目地を一定にしつつ、施工面積が稼げるからと大きめの石を積極的に並べていたのです。
少々路線変更が必要のようです。

割付済みの大きめの石を割ることで形状と大きさにバラツキを持たせることにしました。
(当初から気になっていた、中央の一番大きな石のクラックも気になっていたので…)

十字目地、長く伸びた目地を避け、目地幅はある程度一定を保つことに注視しましたが、石の大小、形のバランスは好みの問題なのか?正解があるのか?
この辺は難しいと言うか、奥が深いと言うか、今後勉強していかないといけない部分です。 

っと言うかセンスの問題ですか???

何はともあれ、手を休めている暇はありません。
社長からは梅雨明けまでに完了を目指せ!っとの指示も出ていたのです。
今年は長梅雨だったのが幸い…っというか、雨で作業が中断する日も多々でしたが…。

なんとか、割付を終えました。


よく見ると、十字目地だったり、長く伸びた目地だったりが若干出来てしまいました。
成形作業に夢中になり見落としていたようです。

ここから更に目地幅を若干調整し、目地詰めです。
目地色は奥様の要望よりグレーを選定です。

そうそう、序盤施工の通路部の枕木間のブロックも丁度良い幅の物が見つかり、なんとか上手く納めることが出来ました。





梅雨明け前日になんとか施工完了。
全体的に明るい感じに仕上がりました。

庭作り(造園作業)は楽しくも、奥が深いです。
良い勉強になりました。

The following two tabs change content below.

kikuchi

所属:建築部